DVDの豆知識

DVDの種類

種類
特徴
  DVD-R1回書き込み。
対応ドライブが最も普及しており、もっとも互換性が高
い。価格も安いので配布用に最適。ファイナライズを
忘れると他機種で再生不能です。
  DVD+R1回書き込み。
DVD-RよりDVD-ROMに近く現存の規格としてはもっと及していないので-Rの方が再生互換性は高い。
  DVD-RWDVD-Rの書き込み可能のものです。互換性はDVD-Rには劣る。
価格は若干高めですが何度も使えます。
  DVD+RWDVD+Rの書き込み可能のものです。互換性はDVD+Rには劣る。
価格は若干高めですが何度も使えます。
  DVD-RAM両面で9.4Gの容量があります。
家庭用DVD録画機などで使われています。
10万回の書き込みが可能で繰り返し録画に強いという特徴があります。
  DVD-ROM市販のパッケージソフトなどに使われているものです。
薄い金属板に穴を開けた立体構造をしており、再生加工するため、短納期・小ロットには向きません。

※DVDの記録容量は4.7Gが基本です。最近は、DLと呼ばれる2層式のメディアもありますが、プレーヤーやドライブが対応していないと再生できないので注意が必要です。

DVD-ROMとDVD-Rの違いは?

市販のパッケージソフトなどプレスしたものを、DVD-ROMと呼んでいます。DVD-ROMは薄い金属板に穴をあけてデータの有無を表しています。 それに対して、DVD-Rはレーザー光の熱で色素を変化させてパターンを作っています。DVD-ROMの場合、マスタ-ディスクを作成しプレスによって複製を作りますが、 マスタ-ディスクが高価ななため大量に作成する場合に向きます。短納期や小ロットには、DVD-Rが適しているといえるでしょう。

弊社では以上の理由で、廉価性・互換性に富んだDVD-Rを採用しています。

DVD-Rの互換性

DVD-Rは家庭ののDVDレコーダやパソコンで作成し、その作成した機器での再生はできますが他の再生機やパソコンでは100%の 互換性が保障されていません。

これはDVDがレーザー光の反射率でデータの有無を判別していることに起因しています。反射率やレーザー光の強さは、メディアやメーカーによって違うので 作成した機器以外では正しく再生ができない場合があります。また、読み込みエラーが出た時の補完処理もメーカーによって違うようです。

DVDメディアの録画用とデータ用の違いは?

基本的に機能・性能に違いはありません。違いは価格に「私的録画保証金」が含まれているかどうかです。録画用には「私的録画保証金」が含まれているため、価格が高くなっています。

DVD-Rの保存性は?

DVD-Rの保存期間は磁気で書き込んでいるわけではないので 長期保存可能とされています。某国内メーカーでは「加速劣化試験」で100年以上と謳っているところもあります。ただし、正しい保管状態での話なので 保管状態によれば再生できなくなることがあります。

次の点に気をつけましょう。

直射日光や湿度が高い場所の保管はさける。

 キズや汚れがつくと再生できないことがあります。

 専用ケースに入れて、できるだけ水平か垂直に保存する。

 盤面に粘着性のテープやラベルを貼らない。

 盤面にボールペンなど硬いもので書くことは控える。

再生できなくなったら

大切なディスクが再生できなくなった場合は、キズ等があれば「記録面を研磨する」という方法があります。 市販の修復キットを利用する方法もありますが、かえってキズが増えたり、変質してしまう場合もありますので、専門業者に依頼することをお勧めします。

キズが見当たらないのに再生できない場合は、弊社にご相談ください。別のディスクに無事なデーターをエラーを補完しながら移すことにより、再生可能なディスクに修復いたします。元のディスクは、そのままなので危険がありません。

お問い合わせはこちら

受付時間
平日:AM10:00~PM6:00
メールは24時間受付
※お急ぎの場合、日祭日も可